病気の原因は腸内環境にあり?

病気の原因は腸内環境にあり?

病気というわけではないけれど、不調を感じる時がないでしょうか。 気付くと数日お通じがないという時もありますね。 体の健康と腸内環境には大きな関係があります。

腸は体の最大の免疫器官で体の70%の免疫システムが腸に集まっていますので、 腸内環境が悪化するとそれは体全体の不調を引き起こす原因になります。 腸内環境が悪化して最初に気付く不調は、便秘や下痢だけではなくなんとなく体がだるい、 頭痛などの不快な症状です。 悪玉菌の多い環境では有害なガスや有害物質が発生します。

そして便秘になっている状態では、 その有害なガスなどが再び血管を通じて体内をめぐることで体調不良を引き起こすのです。 はっきりとした病気のような症状でもなくても、 不快な症状を感じ始めたら腸内環境が悪くなっている可能性が高いということです。 悪玉菌が増えてしまうと免疫力が低くなりちょっとした風邪にもかかりやすくなります。

一時的な症状だけなら便秘を改善して腸内環境を整えることで対処が出来ますが、 慢性的な便秘を放置しているとそれはガンなどの大きな病気の原因にもなりかねません。 今に気になる症状があるという時には、一度腸内環境を見直してみることが大切ですね。

小さい頃から悩むこともあるアトピーやアレルギーの症状も、 善玉菌が少ない人に多く発症することも分かってきてます。 善玉菌を増やして腸内環境を整えることが、 病気の予防や改善には欠かせないことだということが分かります。 病気を予防するためには、低脂肪で高繊維の食事が理想的です。

日本人は本来理想的な食生活をしていましたが、 現在では洋食化が進んでいることから腸内環境も悪化しやすくなっています。 お通じの悪化から体調不良を感じ始めたら、腸に負担の大きい食事を少し控えてみることも効果的です。 そして積極的に摂りたいのが発酵食品と食物繊維ですが、 食物繊維は摂りすぎると反対に便秘の原因にもなります。 イヌリンのような水溶性食物繊維が腸内に負担をかけずに腸内をお掃除して環境を整えてくれます。

Copyright (C) 腸内環境を良くするには. All Rights Reserved.